なた豆歯磨きで口臭予防

なた豆歯磨きの副作用

なた豆歯磨き粉 半年以上つかってみた副作用

 

【今ならもう一本!!】

 

寝起きの口臭チェック

 


人数限定なので購入はお早めに!!

 

>>マイケアのなた豆歯磨き粉の詳細はこちら

 

なた豆歯磨きをこれまで、

 

 

なた豆歯磨きについて、副作用を心配されるという方が多いと聞きます。

 

なた豆歯磨きにはそれらしい副作用は特にないのですが、おそらくこれは「なた豆」の持つ毒のことが一人歩きして「なた豆歯磨きの副作用」だと言われるのだと思われます。

 

 

実はなた豆には種類がいくつかあり、白なた豆、赤なた豆、太刀なた豆とあります。

 

白なた豆は無毒で主に食用にされ、味噌漬けや福神漬け、天ぷらなどとして一部地方ではよく食されている種類で、赤なた豆は若い莢は微毒でこれも福神漬けなどで食されています。
このように、使われる用途によって、なた豆の種類が違うわけですね。

 

こんな風に聞くと、副作用なんて何もないように思いますが、成熟した赤なた豆の実には、弱毒があります。

 

そして、なた豆歯磨きで最も売れてるマイケアのなた豆歯磨き粉には、この赤なた豆が使われているということです。

 

ちょっと不安になった私は、この点についてメーカーに問い合わせたことがあります。

 

この毒は熱に弱く、なた豆歯磨きなどのように製品加工されてるものはほとんどが焙煎処理されてるので、毒はほとんどないとの答えが返ってきました。

 

また、太刀なた豆はこれも若い鞘は微毒ですが、成熟すると毒がやや強くなるそうです。

 

しかし、太刀なた豆は基本的に、なた豆歯磨きに使用されることはないのでこのことについても問い合わせた結果、問題ないとの返事がありました。

 

 

実は、なた豆について調べていくうちに、マイケアだけでなく、やまちやも同様に、無毒の白なた豆ではなく、弱毒の赤なた豆が使用されているとわかり、各メーカーに問い合わせしたろこと、
「毒については焙煎の過程で分解され、ポリフェノールなどの有効成分が豊富なので赤なた豆を使用してるとのことです。」

 

 

だた、なた豆に含まれる独自成分のコンカナバニンAは作用が強く歯周病や口臭への対策に良いとされる反面、人によってはお腹を壊したり、吐き気めまいを起こす可能性があるとも言われています。
(ほとんどこのようななた豆によるトラブルは報告されてないそうですが)

 

 

ましてや歯磨き粉として見た場合、歯を磨いたあとは口をゆすいでしまうので、体内にほとんど残らず、なた豆歯磨きについては副作用などはほとんどないと言えるでしょう。

 

漢方でもなた豆は使われるため、薬としてのイメージもあり、また強い効果が期待できることからもその反面副作用を心配されてるのかもしれません。

 

とにかく言えることはなた豆歯磨きを使っても副作用の心配はないということですね。

 

 

【2015年3/23〜今なら当サイトからの申し込みでもう一本!!】
今マイケアさんが期間限定キャンペーンを開始しました!!
当サイトからの申し込みであれば今までの価格据え置きで初回申込みの方はもう一本プレゼント中です!

人数限定なので購入はお早めに!!

マイケアのなた豆歯磨き粉はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ